タイトル

軽井沢銀山跡 

戦国時代から明治中期にかけて盛衰を繰り返した「軽井沢銀山」は日本有数の銀山でした。銀山からは、銀の搬出はもとより、物資の運搬のための街道が開かれていました。銀山峠は久保田を経て、当時遊興や湯治の場でもあった西山温泉へ向かう道であったと言われています。現在は一般登山路ではありませんが、住時を偲び訪れる人もいます。
住所 柳津町軽井沢
福島県柳津町軽井沢